2014年10月06日

1年ぶりに筑波S80クラス参戦!いやぁ〜楽しかったぁ

先週の土曜は1年ぶりのS80参戦でした!
前日金曜のベストタイムが1分6秒1だったので若干焦りぎみ
周りは4秒台に入っているとの情報を聞き更に焦る(笑)
まぁ焦ってもやることは変わらず西村メカニックと綿密?なミーティングの後、借り物競争開始!(笑)
どうにか欲しい物も揃い本番に向け準備完了!
迎えた当日は絶好のレース日和で気温は20度くらい
金曜は30度近くまで気温が上がり水温が厳しかったのでこれだけでも一安心
予選はタイヤの持ちも確認したかったので前日から引っ張りながらのタイムアタック
5秒526で前日のタイムは上回り3番手でフロントローを獲得
がしかし!トップの大木選手は4秒468!
1秒以上の差が…
そして同じ5秒台が7台…混戦必至の状況です
 
 
でもレースは何が起きるかわかりません!
ミラクルの可能性を上げるためにもマシンをレベルアップしなくては!とまたまた西村メカニックと入念?な打ち合わせ(笑)
エンジンはいい状態なので車体のセットアップに重点を置き、とにかくキチンと突っ込める様にセットアップしてみた
そして決勝レース
スタートは極った!…と思ったら1コーナーまでに簡単にパスされホールショットを逃す…
裏のストレートでは何台かにゴッソリ抜かれ序盤は5.6番手まで順位を落とす…
トップの大木選手があまり離れないうちに前者をパスし前を追った
パッシングポイントは最終からスピードを乗せての1コーナー進入オンリー…そこしか無いんです(笑)
中盤からはトップを走る大木選手を僕と南部選手が追う状況
最後は自力で追い付くしかない!って感じで結構振り絞った!
そしてバックマーカーの出現で最後のチャンスがやってきた!
2ヘア進入、大木選手が前車にひっかかり少し差がつまる
これを逃す手はなく僕は少しだけインにライン外しほぼベストラインで立ち上がる
大木選手はスリップを嫌い右側にラインを寄せる
僕は左を走るバックマーカーのスリップ使い大木選手との差を詰める
そして最終コーナー進入、いい間合いで進入…
そしてスロットルワイドオープン!
コントロールラインでは僕のフロントタイヤを大木選手のリアタイヤに並べるまでしか届きませんでした…
 
 
ん〜あと少しだっただけに悔しいけどエスハチならではのレース展開で応援してくれたみんなも「面白かった!」と言ってくれたのでオッケー(笑)
そして金曜から2日間でここまで仕上げられたのは全日本でも一緒に戦っている西村メカニック、バックアップしていただいた中込社長、三郎さん、柳さん、佐久間夫妻、一馬(笑)あってだなぁ痛感
全日本最終戦もこんなレースができる様に精進しないと
 
そして我らが愛機CBR150もだいぶいい線まできたなぁ
よくエンジン仕様を聞かれるけどタイ製のボアアップキットで排気量は163cc、同じくタイ製のハイカムを組み込み
キャブは名機FCR…何Φだったかな?(笑)
ミッションはノーマルで筑波では2速から5速を使用
ギヤ抜け対策にアイファクトリーさんの対策品を組み込み
基本的にはこれだけで、あとは三郎さんのポート加工などのチューンアップ
まぁここがキモなのでしょうが…
聞くところCR85のエンジンパーツ供給が問題無しなので4スト移行の理由もありませんが…
比較的安価で製作できるので興味のあ方は相談くださいね〜
posted by コムアキ at 08:54| Comment(0) | レーシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: