2015年04月07日

筑波選手権第1戦(予選編)

遅くなりましたが先週開幕した筑波選手権第1戦のご報告ですexclamation
前日の金曜より最終調整と2本の走行を予定していたのですが…
近づく低気圧の影響で前回のテストとは気質がだいぶ違い、アクセレーションに問題が発生
結局3本走りキャブセッティングを色々な方向で試したけど今ひとつピリッとしない感じで走行終了
少しの不安を残しレース当日を迎えることにたらーっ(汗)

当初の雨予報から曇りに変わりもちろんタイヤはスリックをセット
頭はキャブセットの事ばかりグルグル回る
すると予選開始の1時間前くらいからポツポツと雨が落ちてきた雨
あ〜また考えることが増えたって感じでレインタイヤの準備を始め予選開始時間より少し遅れてコースイン
エンジンも温まっていないので徐々にペースを上げて…と思ったら1ヘア辺りでエンジンがおかしくなり「もしや!」と思い…予感は的中
ガソリンコックがオフでしたあせあせ(飛び散る汗)
コックをオンにし押し掛けをを開始…かからないバッド(下向き矢印)
気を取り直し押しまくる!…かからないふらふら
気づくとダンロップアーチに到着…グリーンを押しオフィシャルの指示でショートカット
バックストレッチ右側で諦めず押す!かからない…もうやだ〜(悲しい顔)
押す!かからない…押す!…かかったexclamation×2
カッパも着てたからもう暑くて暑くて…ウォーミングアップ超完了でやっと予選開始(笑)
この時既に残り時間10分を切る
とにかく落ち着き(荒れた呼吸を整え笑)雨の走行で注意すること(持論)を思い出す
持論その1…コースイン1周目のペースを落としすぎない
持論その2…少しの不具合を感じても乗り方を工夫し周回する
大した事ではないのですがこの2つは凄く大事で、雨の場合1周目のタイムから徐々にタイムアップしていくので1周目が速ければそこからの上乗せになるんですひらめき
それとサスペンションなどに不具合を感じてもそこを触るより雨のコンディションに慣れる為になるべく周回
決勝も雨の可能性があったしタイムが上がった所でのハッキリした問題を出す為にも一生懸命走りましたよ
結局時間いっぱい8周を走りポールポジション獲得ぴかぴか(新しい)
2番手には僅差で高野選手…あぶないあぶないあせあせ(飛び散る汗)

posted by コムアキ at 15:44| Comment(0) | レーシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: